Pocket

参考記事 ↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3042621

データを人質にするとは、どんな状態になるかというと、

・悪意ある人が、他人のパソコンに「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアを仕込む
・仕込まれたパソコンは、自由に使えなくなる
・自由に使えるようにして欲しければ、お金を払え

といったことになります。

まさに、人質による身代金を要求するというものになります。

参考記事にある事例は海外のものになりますが、日本だから安心ということではありません。

インターネットに接続して利用するパソコンであれば、こういったランサムウェアに感染してしまう可能性はあるのです。

この手のリスクに対して、私達が常にしておかなければなならないことは、共通しています。

・最新の状態でのセキュリティ対策
・怪しいサイトや出処の分からないファイル等は開かない

この2つを徹底して守るだけでも、かなりのマルウェアやウィスル感染のリスクを回避できると思います。

「自分はこんなマルウェアには狙われないだろう」という、漠然とした判断が、油断につながっていきます。

毎日怯えるほど気をつける必要はもちろんありませんが、リスクとは常にそこにあるものだという認識を持ち、ストレスにならない運用方法で、セキュリティ対策は続けていくようにしましょう!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket