Pocket

参考記事 ↓
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/16/623/

パソコンをより便利に使っていくためには、必要なソフト・アプリをインストールする必要があります。

ですが今後のデファクトスタンダードは、WEBアプリになるかも?

どういう意味かというと、今まではインストールして使っていたアプリが、WEBブラウザの画面で同じ機能が使えるようになる、ということになります。

今回の記事では、Skypeという有名な無料電話アプリが、WEBブラウザ上で使えるようになるというお話です。

WEBアプリになることよって、開発側、利用者側にも大きなメリットがあります。

まず、WEBブラウザで利用できるということから、容易にマルチプラットフォーム化ができますので、Windows用、Mac用といった区別をする必要がなくなります。

利用者側も、WEBブラウザさえ入っているパソコンであれば、どこからでも利用できるようになります。
アプリを事前にインストールするという手間がいらなくなるのです。

そして、機能等のバージョンアップがあった場合、現状ですと新しいバージョンのアプリを再インストールする必要がありますが、WEBアプリならそんな手間を意識する必要がなくなります。

常に最新版がブラウザ上で使えるわけですから、楽ちんになりますよね。

これからは、パソコンにはアプリのインストールが必要なくなるかも、知れませんね!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket