Pocket

参考記事 ↓
http://president.jp/articles/-/18009

人質を取って相手を脅すというのは、リアルの世界でも卑劣な行為ですが、これがデジタルの世界でも起こり得るのです。

コンピュータウイルスの1つである「ランサムウェア」というものに感染すると、相手から身代金の要求があり、支払わなければパソコンを使わせないようにする、というような状況になってしまうのです。

個人のパソコンであっても、仕事で使っているパソコンでも、いきなり見ず知らずの相手から「使えなくされたくなったら身代金を払え」と言われた、払ってしまう人もいるかも知れせんね。

ですが、

これ、絶対に払っちゃダメなのです。

何故かと言うと、払ったからといってきちんとウイルスが解除される保証が、全くないからです。

つまり、払い損になる可能性も高いということを知っておきましょう。

そして一回払ってしまうと、個人であっても法人であっても、「脅せば支払う相手」と認めてしまうことになるからです。

万が一ランサムウェアに感染してしまい支払い要求があったとしても、支払いには応じずパソコンの復旧に努めましょう。

パソコン復旧に大事なのは、日頃のデータバックアップ、です。

クラウドサービス等をうまく利用して、いざという時のために、大切なデータのバックアップもきっちり行っておきましょう。

Pocket