CXO-LABブログ

欠陥?不具合?バグ?? 言い方次第ではありますが・・・

セキュリティ

参考記事 ↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150820-OYT1T50101.html

 

さらっとした感じで書いてある記事ですが、結構怖いことだと思います。

意図していなかった動きをする、という意味で「欠陥」という言葉が使われているようです。

 

そんなつもりはない、という気持ちも理解はできますが、超えてはいけないラインというものもあるように感じます。

 

こういったミスを減らすために必要になるのは、多くのパターンを想定できる力、だと思います。

 

通常の使い方以外にも、ひょっとしたらこんな使い道もあるのではないか?

こう使ってみたらどうなるのだろうか?

 

もちろん様々なテストはしているのだと思いますが、想定外なことは、想定できなかったことですから起こってしまうのです。

 

より想定外を減らしていくために取れる手段としては、テストなどは第三者の手を借りる、という方法があります。

その仕組みの開発に近い人だけでテストしていると、意外と灯台下暗し状態になります。

つまり、知りすぎているがゆえに、見えなくなってしまうこともあるのです。

 

また、全くの素人さんに使ってもらうというのも手です。

想定外な使い方をしてくれる可能性、高いです。

 

それでも出てくるのが、バグ。

システム屋としては悩ましいところですが、出てしまったら即対応。これしかないです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。