CXO-LABブログ

究極のウェアラブル端末は、常に身に付けるべきもの!

ITガジェット

参考記事 ↓
http://www.gizmodo.jp/2016/01/20160102nsam2.html

 

ウェアラブル端末といえば、時計とメガネが有名だと思います。

ですが、どちらも普段使わないという人にとっては、意外と使うことが面倒に感じるケースもあるのではないでしょうか。

 

そこで。

 

究極のウェアラブル端末の形をイメージすると、それは、常に身に付けるべきものなのではと思うのです。

 

時計やメガネは、気軽に身に付けやすく、形状もデジタル端末として適合しやすいように感じますが、それよりも常に身に付けるものといえば、服です。

 

和服洋服問わず、多くの人が外出する時には服を着ると思います。

その服に、ウェアラブル端末としての機能が盛り込まれていれば利用しやすくなると思うのです。

 

ですが、すべての服にウェアラブル端末機能を持たせるとなると、ものすごく手間とコストがかかってしまうことが、ネックです。

 

個人的な妄想では、家を出る時、玄関のドアを開けたらその人専用のウェアラブル端末が服の襟元に自動的に装着され、帰ってきたら外れる、なんてことができたら便利だなぁと思っています。

 

脱着可能を前提に考えると、服が一番広く使われると思うのですが、この妄想、いかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。