Pocket

参考記事 ↓
http://www.gizmodo.jp/2015/07/128gbiphone.html

 

単純な足し算である「1+1=2」。

あるもの1つに、あるものを1つ付加することで、そこ価値は2つ分になるのは、ごく基本的なことだと思います。

まれに、相反するものを足し合うことで、その価値が2以下になってしまうこともあるかもしれません。

例えば、ものすごく美味しいお肉に、美味しいけれどもそのお肉に合わないソースを加えてしまったら、それぞれが残念な結果になってしまいますよね。

 

ですが逆に、普通のお肉にそのソースを加えたら、2以上の価値になる可能性だってあります。

この時、1+1=2以上の価値が生まれるのだと思います。

 

加えた数字だけで見るのではなく、そこからどんなシナジー効果が出てくるのか。

そういった視点で組み合わせを考えることで、新しいアイデアも生まれてくるのだと思います。

 

今回の参考記事にある新しいアイデアも、それぞれは既存のアイテムです。

ですがそれぞれを持ち歩くよりも「便利になる」という付加価値が大きなメリットになります。

 

ある人にとっては「両方持って歩けばいいじゃん」であっても、「両方を持ち歩かなくて便利」と感じる人にとっては、素晴らしいアイテムになるのです。

 

万人受けするものだけが素晴らしいアイデアとは限りません。

そして、ニッチなニーズからヒットする商品もあると思います!

Pocket