Pocket

参考記事 ↓
http://www.gizmodo.jp/2015/06/leanchair.html

 

世の中には意外と、固定概念が多いと思います。

例えば、椅子は座るもの、ですよね。

ですが、そこで逆転の発想があると、新しいアイデアが生まれてくることがあります。

今回の記事では、立って仕事ができる椅子が紹介されています。

 

椅子なのに立っている。

この発想が、新しいです。

 

便利なものをより便利にしていくという発想は、プラスのものに、さらに何かをプラスにしていくような考え方です。

ですが、すでに成熟しているものについては、それ以上プラスしていくことは難しくなってくることがあります。

 

そういう時には、逆に引いてみたりすることで、新しい発見ができることもあるのではないでしょうか。

または、プラスするにしても、全く想像もしていなかったような新しいもの、間逆なものを追加してみるなど。

 

「こうでなければいけない」とか「こうであるべきだ」というフレームから一旦外れてみることで、より柔軟な考え方やものの見方ができるようになるはずです。

もちろん、そういった王道的なフレームというものも、成長していく上ではとても大事な基礎となるものです。

 

どちらが良いとか悪いとかではなく、両方ともうまく活用していくことが、大切なポイントになると思います。

 

固定概念にとらわれず、自由な発想があることも素晴らしいスキルだということですね!

Pocket