Pocket

参考記事 ↓
http://gigazine.net/news/20150507-google-keyboard-space-bar/

Googleが取得した新しいトラックパッドに関する特許から、同社がキーボードの「スペースキー」をなくし、さらにキーボードのスペースを節約しようと考えていることが判明しました。

冒頭にこのように記載されています。

これはちょっと驚きました。

言われてみれば、ノートPCでスペースキーの占める割合はそこそこ大きいように感じますが、トラックパッドに埋め込んでしまおうとするとは!

このキーボードという入力デバイスは、PCの性能の変化と比べると、あまり進化しているように感じないところもある気がします。

配列や形式など、バリエーションは増えてきていますが必要なキーが配置されているわけですから、基本的には変わらないのです。

しかし、スペースキーがなくなるというのは、割りと大きな変化のように感じます。

実際には僅かな違いなのかもしれませんが、普通にあるべきだと思っていたキーがなくなるというのは、斬新です。

こういった、当たり前を覆していくところに新しいアイデアがあるんだなぁと、改めて思いました。

こうあるべき、こうなっているはず、という固定概念を取っ払ってみると面白いことになるかもしれませんね!!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket