CXO-LABブログ

匠の技の伝承も可能になる?!

アイデア

参考記事 ↓
http://wired.jp/2015/04/11/steinways-new-piano/

自動演奏するピアノというのは、今までにも見たことがあるという人もいると思います。

それは、楽譜通りに鍵盤を押す、叩く、という「動作」を忠実に行うようにプログラミングされているものになるのでしょう。

しかし、そこに「ピアニストの演奏を「完璧に」再現する」という条件が入ると、どうなるのでしょうか。

ここにはいろいろな条件が入ってきます。

例えば、人が演奏するものですから、間違ってしまったり、その人独自のクセみたいなものも含まれてくるでしょう。

そういったところまでも完璧に再現するとなると、取り扱うデータ量が格段に増えてくるはずです。

ピアニストが演奏するそのすべてをデータ化する必要があります。

単に楽譜通りなものではなく、そこに含まれる音の強弱や、ひょっとしたら「感情」すらもデータ化が求められるかもしれません。

そこまでしておそらく完璧と言えるのではないでしょうか。

色々ハードルがあるほうが、新しい技術を確立していくのは苦しい面もありつつ、達成した時の喜びも大きくなるものです。

完璧に動作をコピーできるようになれば、あの人にしかできない匠の技すらも、再現できる用になるかもしれませんね!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。