CXO-LABブログ

なぜそれをするのか、その目的が大事です!

アイデア

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/03/150330_reading.html

この一文↓につきます。

おそらく本を読む時間が作れないのは、読書の目的を忘れているからではないでしょうか

何かをしたいと思っていてもそれができない時というのは、その目的を忘れてしまったり見失ってしまっている時だと思います。

趣味の時間など、楽しいことをしようとおもったら、どんなに忙しくても時間をつくろうとしますよね。

ですので、読書が趣味という人は、いつでもどこでも読書ができるわけです。

しかしながら、なかなか読書ができないと悩んでしまう人というのは、そもそもそれほど楽しいと思っていないことに時間を使わなければならないという意識が出てきてしまったりすることで、余計に読まなくなるという悪循環にはまりやすくなります。

そこで、目的というものが大事になってきます。

本を読む事自体を目的にするのもOKですが、それより、その本から得られることによって、自分にとってどんなメリットがあるのかに意識を向けてみるのはいかがでしょうか。

つまり、本を読む事自体を目的にするのではなく、本を読み終わった後の自分の変化を目的にするのです。

もちろん読んだ全ての本で変化が起こるわけではないかもしれません。

ですが自分に必要な知識や変化とは何か、ということを(反面教師的に)知ることはできると思います。

無駄だと思ったら無駄になります。何か得られると思えば、何かが得られると思います!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。