Pocket

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/10/151025dish_washing.html

「こんなの、自分がすることじゃないのに」という気持ちが出てくると、イヤイヤ、やることになります。

 

ですが現実として、それをやらなければならないのであれば、イヤイヤでやってもそうじゃなくても、時間は必要になるわけです。

 

だったら、イヤイヤという、ネガティブな状態ではないほうが、精神衛生上も良くなりそうです。

 

例えば掃除などの家事をやっている時、心のなかで

 

「めんどくさいなー」

「疲れるなー」

「つまんないなー」

 

のような言葉をつぶやいているのと、

 

「綺麗になっていって気持ちが良いなー」

「今度ここを模様替えしたら良さそうだなー」

「ここに新しくお花を飾ったら素敵かもなー」

 

など、ポジティブな言葉をつぶやいても、やることは同じなのですから、気分がずっと良くなるのではないでしょうか。

 

「なんで自分ばかりこんな目に・・・」ではなく「自分がこれをする時間があるのだから、有効活用しよう」と気持ちのスイッチを切り替えるか否かは、自分の自由になるのです。

 

自然とネガティブスイッチが入りやすい場合は、意図的に、ポジティブスイッチを入れていけるように、気持ちを向けてみましょう。

 

些細なことかも知れませんが、時間というものは塵も積もれば山となります。

毎日のことであれば、なおさら実感できると思います。

楽しく過ごせる時間に変えられるよう、スイッチを入れ替えてみてはいかがでしょうか。

Pocket