CXO-LABブログ

言い方次第で、伝わり方も変わります

コラム

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/10/151005_smartpeople_won’tsay.html

 

参考記事のタイトル「できる人は口に出さない11のフレーズ」を見て、興味を惹かれました。

そして、11のフレーズを読んでみました。

 

最初に思った感想は、「できる人でも口に出してるなぁ」と思ったことです。

もちろん、全てではありませんし、記事の内容とは違ったニュアンスを含んだ言い方をしていますので、記事自体を否定的には見ていません。

 

例えば、 「これならほんの数分で終わります」というフレーズ。

良い言い換えとして「文字通り数分で仕事を終わらせるつもりでないのなら、”長くはかかりません”」という言い方が紹介されています。

後者のほうが、万人受けし易い言い方になると思いますので、使うならやはりこちらなのだと思います。

 

ですが、前者の言い方も、時には「さすが頼りになる!」という意味で受け止められることもあります。

本当に数分で終わるならという制限付きかもしれませんが、仮にこれで数分より多少長かったとしても、素早く対応してもらえたら特に不満はないのではないでしょうか。

 

言葉には、本来持っている意味というものがあります。

ですが、使い方や言い方のニュアンス、使った人の気持ちや勘違いなども含めると、その言葉通りの意味だけじゃない意味が出てくる場合があります。

少しでも疑問に感じることがあったら、なるべくその場で、どういう意図でその言葉を発しているのかを聞いてみると、ミスコミュニケーションは減っていくのだと思います。

 

立場などによっては、なかなか聞きづらいこともあるかもしれませんが、「できる人」なら、どんなことを聞かれてもきっと、できる返事をしてくれるはずです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。