CXO-LABブログ

正しく使うことで成果は得られやすい、はずです

コラム

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/09/150916_right_worktool.html

 

世の中には様々なツールがあります。

それはアナログなものであったり、デジタルなものであったりします。

 

そういったツールには、このように使ってくださいね、という基本的なマニュアルが存在します。

そのマニュアル通り正しく使うことで、ツールを使うことで期待できる成果を得ることができる、はずです。

 

当たり前のことのように感じますが、実際に成果が得られているかどうかというのは、意外と判断が難しかったりもします。

 

操作方法は正しくても、得られる成果については人それぞれ個人差が出たりします。

 

それは、使い方プラスアルファの部分に違いが出るからだと思います。

 

アナログなツールであれば、ツール自体の使い方の熟練度によって、成果が違ってくるはずです。

デジタルなツールであれば、利用するデータの精度や量によって、成果が違ってくるはずです。

 

どんなに素晴らしいツールで、正しく使えていたとしても、それに見合うだけの成果がでるかどうか。

 

ツール自体を使うことが楽しいという場合であれば、その楽しめるという時間自体が成果になりますが、それ以外の具体的なアウトプットを期待しているのであれば、ツールの正しい使い方と併せて、得るべき成果をきちんと得ているのかも、適時確認してくことが大事だと思います。

 

自分に合っているツール、ぜひ見つけていきましょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。