CXO-LABブログ

1ヶ月で1時間しかネット接続できなかたら・・・

コラム

参考記事 ↓
http://www.gizmodo.jp/2015/07/1_225.html

 

キューバでの実話のようです。

しかも、給料の1割を使って、たったの1時間だそうです。

 

ネット社会になっているといっても、全世界でみたら、まだまだ制約の多いところもあるのです。

日本で今は光接続(FTTH)が主流ですが、その前にはADSLが使われるようになり、さらにそれ以前には、ダイアルアップ接続によってインターネットを利用していた時代もありました。

それでも月に1時間という制約は、なかったように思います。

 

今や、スマホを使って電車の中でもインターネットが気軽にできる時代です。

1時間くらいの利用は、通勤時間中に軽く使ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そして身近なものになればなるほど、それができて当たり前という感覚になります。

ネットが24時間利用できることは、もう、当たり前のことですよね。

 

また、ネット上のサービスも、まずは無料で使えるものから使ってみようという流れもあります。

より便利に使いたければ、課金したり有料版に切り替えていったりという選択肢も。

 

多くの選択肢の中から選べるという自由は、ありがたいことです。

逆に選択肢がありすぎて困ったり迷ったりということがあるのは、贅沢な悩みかも知れませんね。

 

ネットが使えなくなったら困る人も多いと思いますが、もし、ネットが使えなくなってしまったらどうするかということを予め考えておくことで、万が一の時に慌てなくて済むようになっておくのも良いと思います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。