Pocket

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150421how_to_stop_stressing.html

毎日忙しく過ごしていて、気がついたら一日が終わっているということ、ありませんか?

ですがそれは、夢中になっていた時間というよりは、何かをこなしていくのに精一杯な時間の使い方のように感じます。

もちろんそういう時間も、大切な時間ではあります。
特に仕事であれば、それをしなければ成果を出すことができないのですから、集中していくことは大事です。

ただ今回参考にした記事では「夢中」という言葉を使っています。

これがまさにキーワードですね。

例えば仕事でプログラミングをする際、組んでいくことが大好きな人は仕事として集中しつつも、夢中になってロジックを考えていきます。

接客が大好きな人なら、人とつながっていることに夢中になって、時間はあっという間に過ぎていくかもしれません。

何かこれに夢中になれる、ということが分かっている人であれば、改めてその時間が自分にとって大切な時間だと思い直してみると良いのだと思います。

逆に何に夢中になったらよいかわからないという人の場合は、ほんの短い時間でも無意識に没頭してしまうようなことがないか、普段の生活の中での時間の過ごし方を気をつけてみましょう。

ひょっとしたら、子供の頃に夢中になった遊びをしてみたら、意外と今でも夢中になったりするかもしれませんよ!!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket