CXO-LABブログ

当たり前なことを実証することも大切ですが…

コラム

参考記事 ↓
http://www.gizmodo.jp/2015/04/post_16956.html

史上最大のメールに関する調査。

その調査結果は、「若者は年配よりもメールが短く返信が速い」とか「男性は女性よりもメールが少し短めで返信が速い」とか「週末よりも平日の営業時間中の方が返信が速い」とか「短いメールの返信は短い」とか大体予想のつくことばかり。

と、本当に予想できることが多かったようです。

ただ、その大方の予想を実証するという意味では、誰かが一度はやらなければならないのです。

しかもやるなら、徹底的・圧倒的に、その事実を確かめるほうが良いはずです。

中途半端な数字では、もしかしたら違うのかも?という疑いの余地が残ってしまいます。

また、ビッグデータの活用となると、視点を工夫していけばいろいろ見えてくる情報があります。

その際は「当たり前なデータしか無い」という先入観を捨て、データ全体を俯瞰して見る広い視野と、「こんなデータがあるのではないか」という仮説をたてられるイマジネーションやインスピレーション、それを実証していくためのスキルが求められます。

誰もがわかることだけをしていては、技術や情報の進化はあり得ません。

その先に新しい何かを見つけていくためには、基本をきっちりこなしつつ、新しいことを見つけていける視野を広げることも、お忘れなく!!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。