Pocket

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150410book_to_read.html

「こうしたほうが良いに決まっている」と分かっていても、それができなかったりすることがあります。

ですが、ちょっと見方を変えてみると、「こうしたほうがいい」ほうはやらず、「こうしないほうがいい」と思っていることを、実践していることに気が付きます。

疲れていたり、やる気が出なかったりと、理由は様々だと思います。

そして、やるべきことよりもやらなくて良いことをするほうが、楽なのかもしれませんね。

すべて必ず、「こうしたほうがいい」ことを選択する必要はないと思います。
すごく疲れている時、熱がある時に、フルマラソンをする必要はないのです。

ですが、その時できることがあるのであれば、あえて、やらなくていいことを選ぶメリットには何があるのでしょうか。

そのメリットをちゃんと意識してみると、実はその「こうしないほうがいい」ということにも意味が見えてくることがあります。

逆に考えると、メリットが見えないのであれば、それを続ける意味が本当にあるのかどうかを気にしてみるようにしましょう。

仕事でもそうですが、辛いと思ったり面倒だと思ったりすると、先延ばしにしたくなる気持ちが出てきて、どうにか先延ばしに出切ないかと考えはじめてしまったとします。

でも、先延ばしにしてもいいことがないことは、知っているはずなのです。

じゃあ、知っているのにそれを選ぶメリットは何があるのでしょうか。
一時的にしのげることは、そんなにメリットでしょうか?

表面的に知っていることの先にある、本当に知っていることに気が付き、それを実践できるようになるときっと、いつもと違った結果が見えてくると思います!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket