CXO-LABブログ

エコ×大量生産がどんどん増えていくかも?!

ビジネス

参考記事 ↓
http://www.asahi.com/articles/ASH864JPHH86PLZB00J.html

 

科学の進歩とは素晴らしいものだと改めて感じてしまいました。

QCD(品質、費用、納期)の課題を、科学の力でどんどん改善できるのですから。

 

すべての分野で適用できるものではありませんが、何かを生み出す仕組みというものは、数値化・データ化が可能だと思っています。

 

例えば、ゴッホの名画であっても、データ化すれば、完璧に同じものをつくり上げることもできてしまいます。

そこで唯一真似できないのは、時間の経過くらいでしょうか。

時間とともに経過していった色味などもデータから同じものにできたとしても、作り方までは同じにはできません。

 

ですが、食品について、完璧に同じものを科学の力で作れるようになるのであれば、食糧問題などについての色々と明るい話題にもなりそうですよね。

かつ、エコで大量生産できるようになれば、安定供給もできるわけです。

 

ただ、科学の進歩により、廃れていかざるを得ない産業もあるわけです。

メリットと同時に生じるデメリットの部分をどれだけ解消できるのか、その点も同時に考えていくことが求められると思います。

 

メリットしかない!という状態は理想的かもしれませんが、課題があるからこそ先に進める面もあったりします。

どちらかに偏らず、広い視野で物事を捉えていけるよう、こころがけておきたいものですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。