Pocket

参考記事 ↓
http://www.lifehacker.jp/2015/06/150621cybozu_pinch.html

「フレームワーク」というキーワードで紹介されていますが、要するに「自分の得意パターン」を持つことで課題に対する効率化を図れるということだと思います。

仕事上、今までに経験したことがあまりないようなことや、全く新しいことにチャレンジしなきゃいけないこと、または何らかのトラブルに直面してしまった時など。

その1つ1つはひょっとしたら不得意なことになるかもしれませんが、自分なりの問題解決・課題クリア用フレームワークを持っておくことで、慌てなくて済むようになってきます。

難しく考える必要はありません。

まずは、自分の得意パターンを冷静に見直してみるところから始めてみます。

・状況を整理するために、どんなまとめ方をすると理解しやすくなるか
・情報収集するためには、どういったルートを使えば良いか
・どういった順番て、対処していくことが楽に進められるか

等々。

漠然と目の前のことだけに集中するというよりも、何に集中するかを明確にしておいたほうが、効率は上がっていくと思います。

そして自分だけでクリアできないことであれば、早め早めに、協力者との連携も進めていきましょう。

その際も、得意なパターンで話を進められるよう、交渉用のフレームワークがあると良いかもしれないですね!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket