Pocket

参考記事 ↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3047935

後から入手可能になった席のチケットを販売し直す「チケット手配アプリ」を開発している

スポーツ観戦などで空いてしまう席をきっちり売りきりましょう!という仕組みのようです。

これは損失をなくしていけますので、まさに三方良しのシステムだと思います。

売り手も買い手も、その仕組みをつくる作り手も、皆が喜べるものです。

この「損失を減らしていく」という視点は、他の分野でも重要になってくるポイントですよね。

飲食であれば廃棄ロスを減らしていきたいですし、物販であれば在庫ロスを減らしていきたいです。

ある程度の余裕をもっておくことは、機会損失を防ぐことに役立ちますが、それが多すぎればロスになりますし、少ないと機会を失う。

この絶妙なバランスを取っていくために、今はビッグデータを有効活用して予測を立てていくということも行っているわけです。

そこで、損失をなくしていくために、二段構えの仕組みというのが今回の新しい視点です。

今まではロスをできるだけ少なく、減らしていくためにシステムを構築していました。

次の手は、それでも発生してしまうロスをロスじゃなくしていくシステムです。

実はこれ、スーパーなどで閉店時間ギリギリに「売り切り価格」を付けるあれと同じですよね。

これをいかに他分野にも応用していけるか、ここがキモだと思いました!!

 

Youtubeで【動画ブログ】版もご覧いただけます。

Pocket